2009年02月09日

シルクロードS、アーバンストリートが一気の差し切り

 8日、京都競馬場で行われた第14回シルクロードS(4歳上、GIII・芝1200m)は、福永祐一騎手騎乗の7番人気アーバンストリート(牡5、栗東・野村彰彦厩舎)が、後方追走から直線で鋭い末脚を見せ、6番人気ソルジャーズソングに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分08秒5(良)。さらにアタマ差の3着に4番人気モルトグランデが入った。1番人気スプリングソングは14着。

 勝ったアーバンストリートは、父スウェプトオーヴァーボード、母タイキクリスティー(その父Theatrical)という血統。06年8月にデビュー。昨年、500万下からの3連勝など本格化を見せ、前々走の納屋橋S(1600万下、中京・芝1200m)を勝ってオープン入り。前走の尾張S(OP)は3着に入っていた。通算成績22戦6勝(うち地方1戦0勝、重賞1勝)。

 鞍上の福永祐一騎手は京成杯(GIII、アーリーロブスト)に続くJRA重賞制覇で今年3勝目、通算68勝目。管理する野村彰彦調教師は06年京都ハイジャンプ(JGII、スプリングゲント)以来のJRA重賞制覇で通算24勝目となった。

 なお、スウェプトオーヴァーボード(父エンドスウィープ)産駒はJRA重賞初勝利となった。地方では昨年の東京ダービー(南関東G1)を勝ったドリームスカイ(牡4、川崎・内田勝義厩舎)がいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090208-00000010-kiba-horse
posted by 当たらない馬券好き at 21:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。