2009年02月24日

飛燕賞、ティピカルが重賞初制覇

 22日、佐賀競馬場で行われた第5回飛燕賞(3歳、ダート1800m、1着賞金100万円)は、真島正徳騎手騎乗の6番人気ティピカル(牡3、佐賀・土井道隆厩舎)が、好位追走から4角で先頭に立ち、1番人気パスカルに2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分59秒8(不良)。さらにハナ差の3着には8番人気ミヤノオードリーが入った。

 勝ったティピカルは、父シルクジャスティス、母ドリーム(その父サウスアトランティック)という血統。昨年5月にホッカイドウ競馬でデビューし、1勝を挙げて佐賀へ移籍。移籍後3戦目となった前走で佐賀での初勝利をマークしており、今回が重賞初出走だった。通算成績16戦3勝(重賞1勝)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090222-00000011-kiba-horse
posted by 当たらない馬券好き at 21:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。