2009年03月01日

中山記念、カンパニーが連覇&重賞6勝目

 1日、中山競馬場で行われた第83回中山記念(4歳上、GII・芝1800m)は、横山典弘騎手騎乗の1番人気カンパニー(牡8、栗東・音無秀孝厩舎)が2番手追走から、逃げ粘る5番人気キングストレイル(4着)を直線半ばで振り切ると、馬群を割って鋭く伸びた4番人気ドリームジャーニーの追撃をクビ差抑え優勝した。勝ちタイムは1分49秒2(稍重)。さらにクビ差の3着に2番人気アドマイヤフジが入った。

 勝ったカンパニーは、父ミラクルアドマイヤ、母がJRA3勝のブリリアントベリー(その父ノーザンテースト)。半兄にレニングラード(アルゼンチン共和国杯-GII、父トニービン)、叔父にビッグテースト(中山グランドJ-JGI)がいる血統。

 4歳時の05年京阪杯(GIII)で重賞初制覇。その後も06年大阪杯(GII)、07年関屋記念(GIII)、08年中山記念、マイラーズC(GII)の重賞勝ちを加え、GIでも07年天皇賞・秋で3着に入るなど好走を見せている。昨年の天皇賞・秋ではウオッカ、ダイワスカーレット、ディープスカイとタイム差無し(ハナ+クビ+ハナ)の4着。今回は、昨年のマイルCS(GI、4着)以来約3か月ぶりのレースだった。通算成績29戦9勝(重賞6勝)。

 鞍上の横山典弘騎手は、小倉大賞典(GIII、サンライズマックス)に続くJRA重賞制覇で今年3勝目、通算109勝目。管理する音無秀孝調教師は、昨年の菊花賞(GI、オウケンブルースリ)以来となるJRA重賞制覇で、通算31勝目となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090301-00000010-kiba-horse
posted by 当たらない馬券好き at 22:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。