2009年03月22日

浦和桜花賞、2歳女王ネフェルメモリーが6馬身差圧勝

 20日、浦和競馬場で行われた第55回桜花賞(3歳牝、南関東G1・ダート1600m、1着賞金2000万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気ネフェルメモリー(牝3、船橋・川島正行厩舎)が、好スタートから先手を取ると、直線に入ってリードを広げ、2番人気モエレエターナルに6馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分41秒0(良)。さらに2馬身差の3着には4番人気エロージュが入った。

 勝ったネフェルメモリーは、父アジュディケーティング、母ケイアイメモリー(その父フォーティナイナー)という血統。昨年5月にホッカイドウ競馬でデビューし、無傷の3連勝で栄冠賞(旭川)を制覇。ラベンダー賞(OP、JRA函館・芝1200m)は8着に敗れたが、続くフローラルC(旭川)を制し、南関東への移籍初戦となった東京2歳優駿牝馬(南関東G1)も快勝。今回はそれ以来約3か月ぶりの出走で、これでダートでは6戦無敗となった。通算成績7戦6勝(うちJRA1戦0勝、重賞4勝)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090320-00000005-kiba-horse
posted by 当たらない馬券好き at 22:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。