2009年03月29日

マイルグランプリ、ロイヤルボスがミツオー破る

 26日、大井競馬場で行われた第15回マイルグランプリ(4歳上、南関東G2・ダート1600m、1着賞金3000万円)は、張田京騎手騎乗の3番人気ロイヤルボス(牡5、大井・三坂盛雄厩舎)が、好位追走から徐々にポジションを押し上げ、ゴール前で鋭く抜け出して優勝した。勝ちタイムは1分39秒6(重)。約1年1か月ぶりの出走となった内田博幸騎手騎乗の2番人気アジュディミツオーは、先手を取って直線で一旦はリードを広げたものの3/4馬身差の2着。さらに3馬身差の3着には4番人気クレイアートビュンが入り、1番人気マンオブパーサーは6着に敗れた。

 勝ったロイヤルボスは、父アメリカンボス、母は99年エーデルワイス賞(交流GIII)を勝ったリードスキー(その父マルゼンスキー)という血統。06年7月のデビュー戦から重賞初制覇となったハイセイコー記念(南関東G2)まで無傷の5連勝をマーク。その後は07年東京ダービー(南関東G1)3着など重賞で善戦を見せるも、勝ち星からは遠ざかっており、今回が約2年5か月ぶりの勝利となった。通算成績20戦6勝(重賞2勝)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000018-kiba-horse
posted by 当たらない馬券好き at 01:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。