2009年03月29日

京浜盃、ナイキハイグレードが人気に応える

 25日、大井競馬場で行われた第32回京浜盃(3歳、南関東G2・ダート1700m、1着賞金2500万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.1倍)ナイキハイグレード(牡3、船橋・川島正行厩舎)が、2番手追走から早めに抜け出し、外から差を詰めた5番人気シャレーストーンの追撃をアタマ差抑え優勝した。勝ちタイムは1分47秒9(重)。さらに4馬身差の3着に15番人気スーパーヴィグラスが入った。

 勝ったナイキハイグレードは、父アグネスタキオン、母が98年桜花賞(南関東G1)を勝ったダイアモンドコア(その父ジェイドロバリー)という血統。昨年の千葉サラブレッドセールにて1160万円(税抜)で落札されていた。

 昨年8月にデビューし、2戦目(船橋・ダート1500m)で9馬身差の圧勝。続くくまたか特別(大井・ダート1200m)、ハイセイコー記念(南関東G2)も勝って3連勝で重賞初制覇を果たした。全日本2歳優駿(交流GI)はスーニの3着に敗れ、今回はそれ以来約3か月ぶりの出走だった。通算成績6戦4勝(重賞2勝)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000007-kiba-horse
posted by 当たらない馬券好き at 01:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。