2009年03月29日

ドバイGS、バンブーエールは大健闘の4着

 現地時間28日、ドバイ・ナドアルシバ競馬場で行われたドバイゴールデンシャヒーン(3歳上、首G1・ダート直線1200m、1着賞金120万米ドル、12頭立て)に、日本からバンブーエール(牡6、栗東・安達昭夫厩舎)が武豊騎手騎乗で出走。勝負どころで一旦は馬群の後方まで下がったが、ゴール前で一気の伸び脚を見せ、4着と大健闘を見せた。

 レースを見届けた安達調教師は、「レースは武(豊)騎手に任せていました。パドックから落ち着いていましたし、スタートも良かった。(日本馬最先着の4着に)よくやってくれたと思います。これを機会にまた頑張って欲しいし、また選ばれるようにしたいですね」と語った。

 勝ったのはJ.ヴァレンズエラ騎手騎乗のビッグシティマン Big City Man(牡4、サウジアラビア・J.バートン厩舎)。勝ちタイムは1分08秒93(良)。1.1/4馬身差の2着はインディアンブレッシング Indian Blessing、さらに5馬身差の3着にはダイアボリカル Diabolicalが入った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090329-00000002-kiba-horse
posted by 当たらない馬券好き at 01:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。