2009年11月04日

3歳馬スーニが砂の最速王に輝く/名古屋・JBCスプリント

 3日、名古屋競馬場で行われた第9回JBCスプリント(3歳上、交流GI・ダート1400m、1着賞金8000万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気スーニ(牡3、栗東・吉田直弘厩舎)が道中2番手追走から4角で先頭に並ぶと、3番人気アドマイヤスバルの追撃を3/4馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分25秒9(良)。さらに4馬身差の3着には6番人気リミットレスビッドが入り、2番人気ビービーガルダンは6着に敗れた。

 勝ったスーニは、父Soto、母Enabru(その父Roanoke)という血統の米国産馬。昨年のバレッツ・マーチ・セレクトセールにて12万ドルで落札されている。

 昨年10月のデビューから兵庫ジュニアグランプリ(交流GII)、全日本2歳優駿(交流GI)を含む4連勝をマーク。今年は59kgを背負い優勝した伏竜S(OP)を制したものの、兵庫チャンピオンシップ(交流GII)、レパードS(新設重賞)、前走の東京盃(交流GII)でいずれも2着と惜敗が続いていた。通算成績11戦6勝(うち地方6戦3勝、重賞3勝)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091103-00000002-kiba-horse
posted by 当たらない馬券好き at 21:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。